​Takimoto Yumi

​JP

/

​statement

風景を切り取り、

たっぷりの絵の具をのせる。

クリームを塗る行為のように。

育った街は、都会だった。

少しの工場と沢山のオフィスビルとタワーマンションが並んでいた。

家が眠るまでの間…

ビルの中の待合スペースで時間をつぶし、

街の中を歩き回ることが多かったわたしは、

積み木遊びをしているかのような街の風景と、

ビルの四角い灯りを眺めながらひとの存在を感じ、安心していた。

 

この街で生まれた人はどのくらいいるのだろう。

本当にここは冷たい街なのだろうか。

街に広がるかたちや見知らぬひとの気配とわたしの想いが

もったりとした絵の具になって、重なって、層になる。

クリームのような絵の具がキャンバスの枠を超え、

何度も重ね、酸化して固くなった絵の具は、まるで絵の具だけで自立しているようだ。

はみ出した絵の具が新たな縁となり、キャンバスの決められたキワを無くしていく。

 

壁にかけられた絵を見ていると、

まるで建築物やコンクリートのパッチワークのように実感を持って、

わたしの目の前に建っていた。